TOP よみもの 連載 「梯子」読める?女の子の名前ではありません。最近、家の中で増えているもの

「梯子」読める?女の子の名前ではありません。最近、家の中で増えているもの

木偏に弟。それに女の子の名前でよく使われる「子」。謎が謎を呼ぶ2文字ですね。でも人間には関係ありません。最近の家では、よく見かけます。それがないと、秘密基地にたどり着けないから!さて何と読むでしょう?

高いところに上るために考えられた発明品

登呂遺跡

昔から梯子は、人の暮らしに欠かせないものでした。たとえば、弥生時代の遺跡として有名な静岡県の「登呂遺跡(とろいせき)」を訪ねると、一本の丸太に足をかけるところをえぐってつくった「丸太梯子」を見ることができます。

古代中国

中国の歴史書をひもとくと、春秋戦国時代の思想家・墨子の書『墨子』に、「大工の神様」といわれている公輸盤が、城壁を乗り越える道具として、台車の上に折りたたみの梯子を搭載した「雲梯」を発明したという記載があります。

現代の住宅でもロフトに上がるのに欠かせない道具

梯子

正解は「はしご」です。

最近の住宅では、子ども部屋や趣味のスペースとして、ロフト(屋根裏部屋)が注目されています。また、収納スペースとして使う人も多いようです。

このロフト、建築基準法では部屋ではなく、「物置」として扱われます。そのことで、固定資産税や保険料でも恩恵を受けられるのですが、構造上の基準も厳しく決められています。

ロフト

・天井の高さは1.4m以内
・床面積は、階下の床面積の2分の1未満
・階下からの移動は、取り外し可能、もしくは折りたたみ式の梯子

ロフトは、あくまで内部の「階とみなさない余剰空間」なので、階段はつけられないという訳です。これ以外にも、窓を設置するときの大きさの制限、バルコニーを設置してはいけないなど、細かな制約があります。

しかし、大人にとっても、子どもにとっても「秘密基地」見たいなワクワクする場所。コロナ禍で、テレワークが多くなり、ワークスペースが必要になってくると、さらに注目度がアップしそうです。

梯という字のもうひとつの読み方も覚えておいて!

実は、「梯」ひと文字でも「はしご」と読みます。この梯ですが、もうひとつの読み方も覚えておいてください。

鉄棒

それは2004年のアテネオリンピックのときに生まれました。この舞台で日本は男子体操の団体で28年ぶりの金メダルを獲得。最終演技者の富田洋之選手が鉄棒で着地を決めた瞬間、実況を担当していたアナウンサーが絶叫しました。

「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への梯(かけはし)だ~!」

そして日本中が感動の渦に!

路上ライブ

ゆずの名曲で「栄光の架け橋」という名曲がありますが、梯でも「かけはし」と読みます。はしごという読み方と合わせて覚えておいてください。

画像/PIXTA(漢字画像を除く)

この記事について問い合わせる

書き手:鈴懸

あわせて読みたい