TOP よみもの 連載 「琺瑯」読めますか?鍋や保存容器で人気ですが、最近は壁材として使うことも

「琺瑯」読めますか?鍋や保存容器で人気ですが、最近は壁材として使うことも

「琺瑯」って漢字、見たことないという人多いかも!漢字で書くと難しいので、最近はカタカナで表記されることが多いです。これでつくられた鍋やポットのファン、結構多いです。コンロのトップ部分やキッチンの仕上げ材で使われることも。また、おうち時間が増えるなか、壁材としても注目されています。さて、何と読むでしょう?

琺瑯とは、「ガラス質の美しい石のようなもの」の意味

確かに表面もなめらかで美しい

あまり見ることのない、琺瑯という文字。まずは、この2文字の漢字の意味から推理してください。
「琺」は、ガラス質の釉(うわぐすり)の意味。「瑯」は、美しい石や玉を表す漢字です。
つまり、表面がガラス質の美しい石のようなもの。

実際の琺瑯は、鉄やアルミなどの金属を下地にし、上からガラス質の釉薬をかけ、高温で焼き付けた素材です。そして、確かに表面もなめらかで美しいです。

ツタンカーメン王の黄金マスク

その歴史は古く、紀元前1300年頃につくられた、古代エジプト・ツタンカーメン王の黄金マスクが最初期のものといわれています。

日本では近代以降、鉄のサビ止めとして注目され、身近な場所で活躍している素材です。

かつては屋外の看板、最近はおしゃれな保存容器として人気

琺瑯の看板

ガラス質のコーティングにより、サビに強いという特長を生かし、昭和の時代は、道路標識や屋外の広告看板として、よく使われていました。

駅の看板

駅でもこんなプレートありましたね。これも琺瑯です。

ぬか床

最近は、サビに強く、ニオイもつきにくいというメリットを生かし、無印良品などから発売されている保存容器が人気です。ぬか漬けぬか床としても人気。

さらに、直火もOKなので、キッチン本体やコンロの天板に使われているケースも。
実は、とても身近なところで、琺瑯は使われているのです。

琺瑯を使用することで、おうち時間が楽しくなるかも!

琺瑯のキッチン雑貨

正解は「ホーロー」です。

この琺瑯、キッチンだけでなく、リビングや子ども部屋の内装パネルとして使う家も増えています。

その理由は、表面がガラス質なので、ホワイトボードのように使っても、消せること。そして、ガラス質の下地が鉄ならば、マグネットが使えるから。

琺瑯の壁

以前からキッチンや浴室では使われていましたが、最近はリビングや玄関の壁に使うケースも。家族の伝言板として利用したり、絵やポストカードをマグネットで付けてインテリアを楽しんだりするのに、向いてる素材といえるでしょう。

ガラスと鉄の長所を持っている琺瑯。鍋や保存容器といったキッチン雑貨だけにしか使わないのは、もったいないかも!

画像/PIXTA(漢字画像を除く)

この記事について問い合わせる

書き手:鈴懸

あわせて読みたい