TOP メルマガ 【いまさら聞けない】 ~ スライドレールの基本 ~

【いまさら聞けない】 ~ スライドレールの基本 ~

家具やキッチンキャビネットを作るとき、
必ずと言っていいほど使うことになるのが、
スライドレールです。​​​​​​​

表には出てこないので、普段は見えることはありませんが、
スライドレールの種類によって機能性はまるで違い、
引き出しの使い勝手は異なります。

今回は、いまさら聞けないスライドレールの基本を解説するとともに、
スライドレールの新商品を紹介します。

スライドレールの特集ページはこちら

スライドレールとは

スライドレールとは

スライドレールとは、引き出しの側面や底に取りつける金物のことを言います。普段引出しに隠れているために見えないので、気づきにくいことでしょう。しかし、デスクキャビネットやチェストなどの既製品の引出しには標準パーツとしてつけられています。

普段は見えてこないスライドレールですが、縁の下の力持ちのような役割をしています。このパーツを取付けることで、軽い力で引出しを開閉することができますし、引出しのガタつきを抑えることもできます。

スライドレールの種類

スライドレールの種類は、主に下記の3つに分類できます。

1)ローラータイプ

スライドレール/ローラータイプ

ローラータイプのスライドレールは、レールの先端にローラーがついており、そこに沿ってレールが滑る仕様です。一般的な家具についているものは、このローラータイプのスライドレールがほとんどです。安価であるため、大量生産される家具・什器には使用されていることが多いです。

ローラータイプは、幅が小さく、低めの引出しに向いています。

2)ベアリングタイプ

スライドレール/ベアリングタイプ

ベアリングタイプのスライドレールは、等間隔に配置されたボールベアリングがついており、そこに沿ってレールが滑る仕様です。ベアリングを使用しているため、軽い力でスムーズな開閉ができます。

ベアリングタイプは、耐久性もあり、耐荷重も高いので、重めな収納物がある引出しに向いています。

3)アンダーマウントタイプ

スライドレール/アンダーマウントタイプ

アンダーマウントタイプのスライドレールは、スライドレールが外側から見えないように取付けられた仕様です。レールが見えてこないので、デザイン性を損なわず、スライドレールを取付けることができます。
これまで幅広な引出しは「外れやすい」「ガタつく」などと敬遠されていました。これは左右のレールの動きが連動していないために、引出しが横ぶれしてしまうからです。しかし、シンクロ機構が搭載されたアンダーマウントタイプのスライドレールなら、W1200mmのような幅広な引出しも可能です。

1~3)各タイプのまとめ

上記の3タイプを並べると、下表のようにまとめられます。

スライドレールのタイプごとの比較

スライドレールを使うときに注意すること

※スライドレールを使うにあたって、注意することがあります!
おもに、下記のようなことに気をつけましょう。

有効寸法

スライドレール側面取付の場合

レール側面取付の場合

スライドレール底面取付の場合

レール底面取付の場合

レールの取付け位置によって、引出し内に有効寸法が変わるので、注意が必要です。

上図のように、引出し側面側にレールを取付けると、横幅が狭くなります。引出し底面側にレールを取付けると、高さが狭くなります。このことを踏まえ、横幅もしくは高さのどちらの有効寸法を広くとるか考慮して、取付け位置を決めましょう。

別途用意するもの

別途用意するもの

スライドレールを購入する際に、注意していただきたいのは、付属品です。

引出しをつくるために、スライドレールを購入すると側板を兼ねたスライドレールセットしかありません。引き出し箱の前板/底板/背板は、現場で別途用意することが一般的です。現場で、家具や収納家具の仕上げに合わせて、ご用意ください。

スライドレールによって前板/底板/背板のサイズは違います。
▼下の記事で、板サイズを解説しています▼

スライドレールの特集ページはこちら

【新商品】引出システム(ノヴァプロスカラ)

スライドレールの新商品をご紹介します。
機能性・デザイン性の両立を図った引出しシステム(ノヴァプロスカラ)です。
おもな特長は下記の通りです。

主な特長

引出しスペースの有効活用

<引出しスペースの有効活用>

スリムな垂直な側板デザインにより、デッドスペースを抑え、引き出し内部の収納スペースを最大限活用。

デザインの差別化

<デザインの差別化>

オリジナルのデザインパネルを側板に取り付けることで、独自の引出しデザインを実現可能。

その他にも特長がありますが、それは下のリンクより商品ページをご覧ください。

引出しシステム(ノヴァプロスカラ)の商品ページはこちら

カラーバリエーション

側板のカラーを、アイス/シルバー/ストーンの3色からお選びいただけます。
下のリンク先から、各色の商品ページへジャンプできます。

引出システム(ノヴァプロスカラ)/アイス色

アイス色 ≫

引出システム(ノヴァプロスカラ)/シルバー色

シルバー色 ≫

引出システム(ノヴァプロスカラ)/ストーン色

ストーン色 ≫

別途ご用意いただくもの

上述しましたように、こちらの製品にも引き出しの前板/底板/背板は付属しておりません。家具や内装の仕上げに合わせて、現場で別途ご用意ください。前板に関しては任意のサイズで製作していただき、底板/背板の製作寸法については、下図をご参照ください。

参考図1

参考図(1)

参考図2

参考図(2)

まとめると、下記のような寸法でご用意ください。※背板がちの場合

  • 前板:任意(キャビネットや納まりに合わせて)
  • 底板:W(キャビネット内寸幅 – 58mm) × D(レール呼び長 – 背板厚 – 3mm) × t16mm
  • 背板:W(キャビネット内寸幅 – 58mm) × H84mm × t(任意)

引出しシステム(ノヴァプロスカラ)のオプションや組み立ての流れなどは、
商品ページにある商品説明欄や資料にて解説しています。
▼下のリンクから、商品ページへジャンプできます▼

引出システム(ノヴァプロスカラ)の商品ページはこちら

商品情報や施工情報等プロ向けのお役立ち情報をお届けするメールマガジンを配信しています。バックナンバーでは見られないメールマガジンご購読者限定のセール情報なども配信しています。

【ekrea Parts】のメールマガジン登録はこちらからお願いいたします。